前へ
次へ

インターナショナルスクールで勉強しましょう

国際的な力を身に付けて、ワールドワイドに活躍できる人材になりたいと自分自身で感じているなら、早い段階

more

すぐに学べるインターナショナルスクール

海外にあるとは言え、学ぶことを決めて願書を取り寄せ、入学の許可を得たらインターナショナルスクールです

more

インターナショナルスクールの学費

国際的な子どもに育ってほしいということで、留学を検討する親もいます。しかし留学には莫大な費用がかかっ

more

インターナショナルスクールについて

インターナショナルスクールは、国際学校とも日本語では呼ばれているそうですが、ご存知ですか。簡単に説明をするならば、外国籍の子供が通うための教育を受けるための施設のことです。近年では、日本の国籍の子供も通える学校となってきたのだそうです。日本の国籍の子供がインターナショナルスクールに通う背景では、欧米の教育の文化やグローバルな英語の力を付けるためという理由があるようです。対象とされるのが外国籍の子供のため、授業は基本的には英語で行われます。入学金が、約20万円〜50万円とされていることがあり、授業料は、約100万円〜250万円とされていることもあります。施設の利用料として、約20万円〜50万円掛かることもあります。その他には、約10万円〜20万円掛かる場合があるとされているようです。在学費用として、スクールバスの料金が、数万円〜数十万円とされています。その他、ランチの代金として、1万円〜3万円掛かることもあります。このような学校は、公立の小学校や私立の小学校よりも倍程高いのが現実のようです。学費を安くするために補助の制度があり、それが、幼児教育無償化や国の高校授業料無償化や就学支援金支給制度です。幼児教育無償化では、あまり現実的ではない策として、毎月3万円〜4万円の学費の補助が受けれるというものがあります。入学の条件としては、保護者にも英語の力を持っているかどうかを重要視することがあります。ですが、保護者が英語を話せなくても入ることのできる学校もあるので、その場合にはそのような心配はいらないのだそうです。見学会や体験レッスンを受けることが条件になっている場合もあります。いつでも入学の手続きが可能である場合もあれば、決められた時期にしかそうできない場合があります。ホームページや電話で情報を集めてみましょう。又、このような学校では、自由にカリキュラムを選ぶことができるのも魅力です。

いつか飛び立つ君たちへ
モコモコゼミによる幼児通信教育でぜひ学んでください

大阪にて英語力のアフターフォローも行うインターナショナルスクール
小学校入学後もせっかく身につけた英語能力が衰えないよう、放課後も英語のレッスンが受けられます。

あなたの言葉にするお手伝い|デイリコール

生徒様の理解力がすぐにわかる
だから次につながる的確な授業を行うことができます

高卒のための個別指導を東京でお届け
都内の学校への合格を希望するならぜひアイディールにお越しください

Page Top